食用油の酸化を防ぐフライヤーカンタ(高周波還元装置)の詳細と販売・メンテナンス情報。環境還元研究所正規代理店で、販売、修理、部品交換、等のメンテナンスも行う有限会社ハイパーハウス提供。カラリと揚がるジューシーなとんかつや天ぷら、還元により油の消費も抑制できます。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

有限会社ハイパー・ハウス
取手支店:茨城県取手市戸頭字大日211-1
TEL 0297-84-6251 FAX 0297-84-6261
Email hyper.house.jp@gmail.com
本社:千葉県柏市名戸ヶ谷1193-2 TEL: 04-7167-6565

高周波還元装置 FRY-411 フライヤーカンタ

食用油の酸化を防ぐ高周波還元装置「フライヤーカンタ」のお求めは、開発・製造・販売を行う有限会社ハイパー・ハウスまでお問い合わせください。

TEL 04-7167-6565 FAX 04-7164-0665

フライヤーカンタを採用いただいた企業様

  • とんかつチェーンT様(茨城県各店舗)
  • H牧場様<とんかつ>(東京・室町COREDO・日本橋高島屋・二子玉川高島屋等各店舗)
  • スーパーL様(関東圏各店舗)
  • 中堅コンビニエンスストア様
  • その他

hiratabokuho_tonkatsu01.jpg
東京都内大手とんかつ店H牧場様
hiratabokujo_noren.jpg

とんQ柏.jpg
茨城県大手とんかつチェーン店T様(柏高島屋新館11階)

写真 2013-05-09 15 08 46.jpg

IMG.jpg
pamph01.jpg

IMG_5131.jpg

フライヤーカンタで高周波還元された油で揚げると、水分を保ちながらカラット揚がるのでジューシーでパリッとした食感に仕上がります。

pamph02.jpg
pamph03.jpg
pamph04.jpg



フライヤーカンタの価格につきましては、使用される規模によって変動します。弊社宛にお見積り依頼くだされば、弊社よりご連絡さしあげ、必要な情報をお伺いして、お見積りさせていただきます。

よく頂戴する質問と回答

フライヤーカンタはどんなお店に向いていますか?
フライヤーカンタは「食用油をよく消費する」「油で揚げたものがべた付かず、さらっとした食感を保ちたい」「油で揚げてもジューシーさを保ちたい」「お店の中に油特有の臭いを漂わせたくない」といった希望を持たれるお店に特に役立つと思われます。実際、有名なとんかつ店、大手スーパーの揚げ物コーナー等の調理場で導入され、その効果が確認されています。
フライヤーカンタを導入したお店を体験できますか?
機械そのもの(フライヤーカンタを設置した調理場)の見学でなく、客としてそのお店に行きフライヤーカンタを設置した油槽で作られた揚げ物やお店の臭いを体験いただくことは可能です。最寄りのお店をご紹介しますのでお問い合わせください。.
フライヤーカンタにはどんな故障がありますか?
よくある故障は使用し続けている中で電源コードが調理器具等の熱で切れてしまうとか、汚れによってフライヤーカンタ自体の機能が低下したとかが報告されています。故障かなと思ったら、弊社までご連絡ください。

Q&Aの最終更新日 : 2017-08-20

お見積り依頼はこちらからどうぞ

弊社ならではの価格をお知らせします
(お電話でもお知らせいたします)

食用油の酸化を防ぐ
高周波還元装置
FRY - 411
フライヤーカンタ

採用店舗事例

tonkyuu21.jpg
とんかつレストランチェーン様
(茨城県)

食用油消費量約30%減少

marugata.jpg

真ん中の揚げ物が入る場所の下から、電極を設置し、作業の邪魔にならないように、高周波が流れます。

katu21.jpg

*食材の油臭がつかなくり、食材の味が引き立つようになります。

*揚げ物が冷めても、油のべとつき感がなく、とても美味しくなります。

IMG_5129.jpg

フライヤーカンタを設置した油槽で揚げたとんかつはカラッとあがります。この衣をご覧下さい。


フライヤーカンタで溶媒和電子を供給することにより酸化を抑制し、食用油の寿命を従来の2~3倍に延ばすことが可能になりました(使用後は必ずろ過をする等の物理的処理が必要です)。

これによって、廃油量の減少、新油購入費の削減、廃油処理費のコストメリットを実現できます。


FRY- 411
フライヤーカンタ
設置例

kangen52.jpg

コンセントのそばの、水がかかりにくい場所・作業の邪魔にならない場所に設置します。
2槽まで、設置できます。

kangen6.jpg

接続延長コードで、電極とコントローラーを接続します。

kangen14.jpg

油槽に合わせて電極を作り設置します。ステンレス製です。

agekatu2.jpg

機械の場合は、手前の油槽の隙間に掛けるように、電極を設置します。

fry81.jpg

このような電極を設置します。

フライヤーカンカンタは安全です!

電極を金属棒などでショートさせた場合でも安全回路が働いて機械が壊れることはありません。

油の劣化で電流が大きく流れてもグリーンメーターで状況が把握でき、電流が定格値より多くなるとブザーで知らせます。

超音波域高周波を使用しており、高周波で低電圧による電気分解のため感電の恐れはありません。他の機器にノイズなどの害も与えませんし、感電もしません。

電極の掃除は電源を切って、水洗いをすれば簡単に洗えます。


FRY - 411
フライヤーカンタの電極

設置する電極は、フライヤー槽の内層に合わせステンレスで製作致します。

製造前に大きさを計測させて頂きます。

フライヤーの槽によって電極の大きさと形状をが異なります。

denkyoku-1_jpg.jpg

denkyoku02.jpg

fry81.jpg


FRY - 411
フライヤーカンタ
電極の設置例

fry10.jpg

marugata.jpg

konojigatadenkyoku.jpg


FRY - 411
フライヤーカンタ
メンテナンス・修理事例

316.JPG電極から伸びる端子部分の接続に生じた問題をチェック

344.JPG経年劣化が生じていました

361.jpg部品交換をしました

369.JPG総合的に補強を行いました

弊社ではフライヤーカンタのメンテナンス・修理にも対応しております。
どうぞご相談ください